読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mac Pro (Early 2009)のHDDをSSDに換装

Mac Pro (Early 2009)のHDDをSSDに換装してみました。

購入当初から内蔵されていたHDDを使っているため、SSDを使っている最近のMacに比べて読み込みも遅く、起動にも時間がかかっていました。

また、OSをアップデートしながら使ってきたため、不要なアプリケーション等を一掃する意味でも、新しいストレージを用意してOSからクリーンインストールすることにしました。

用意した物

今回のSSD換装には、こちらの2つを用意しました。

  • Other World Computing OWC Mount Pro 2.5インチ ドライブマウント 2009年-現行型 Apple Mac Pro
  • CFD販売 SSD 480GB 2.5inch TOSHIBA製 内蔵型 2.5→3.5inch変換マウンタ付 SATA6Gbps CSSD-S6T480NMG1Q

OWC Mount Pro 2.5インチ ドライブマウントは、旧型のMac ProのストレージラックにSSDを搭載できるようにするためのマウンタです。
Mac Proに標準搭載されているマウンタは、3.5インチのHDDを想定した作りになっているため、そのままでは2.5インチのSSDをネジ止めできません。
SSD搭載場所も青色でわかりやすくなるため、これにしました。

肝心のSSDは、CFDの480GBのものにしました。
TLCSSDは初めて購入しました。MLCSSDに比べてRead/Write性能がどれくらい差があるのか気になりましたが、思い切って選択しました。

OSの再インストール

マウンタとSSDを設置したあと、OSをインストールする作業で手間取りました。
Wi-Fi接続ができるMacであれば、SSDをフォーマット後にネット経由でOSイメージを取得しながらインストールできるようですが、MacProの有線LANではうまくいきませんでした。
HDDのOSから再度起動して、App StoreからEl CapitanのイメージをダウンロードしてSSDに対してインストールしました。

  1. 電源を落とした状態から起動し、cmd+Rを押しっぱなしにしてユーティリティを起動
  2. SSDをフォーマット
  3. HDDから再起動
  4. App Storeの"購入済み"からOS X El Capitan.appをダウンロード
  5. OS X El Capitan.appを使って、空のSSDに対して新規インストール
  6. System Preferencesから起動ディスクをSSDに変更
  7. 再起動

換装前後のパフォーマンス比較

起動にかかる時間と、Disk性能を測定しました。
電源を落とした状態からOS起動完了までにかかった時間は、HDDでは2min8sec。SSDでは、50secでした。約2倍速くなりました。

ディスク性能は、Blackmagic Disk Speed Testを使って測定しました。だいたい3倍程度高速になったようです。

HDDの測定結果がこちら。

f:id:Takuya1984:20170108172224p:plain

SSDの測定結果がこちら。
TLCの特徴が出たためだと思いますが、何度か負荷をかける測定を繰り返していくとパフォーマンスが低下していきました。実用的には問題なさそうです。

f:id:Takuya1984:20170108172232p:plain