グアルディオラのサッカー哲学 FCバルセロナを世界一に導いた監督術

読み終わったので読書メモ。
WBSで紹介されてビジネス書として注目されているようなのですが、
よくあるビジネス書のように
”バルサのサッカーを例にしてチームマネジメントをこうしよう!”
みたいな内容ではないです。

著者もビジネス書をイメージして書いているわけではなく、純粋に、

  • バルサを率いているグアルディオラ監督が選手に求めているものとは何か?
  • それに対して選手がどのように答えているか。

をまとめた感じ。

世界一になったサッカーチームの運営秘話から学ぶ

サッカーチームの運営もひとつのプロジェクトとして考えれば、
バルサのサッカーは世界でも類をみないほど成功しているプロジェクト。
たまたまサッカーだっただけで、そこから学ぶべき点はたくさんありました。

また、フォーカスがあたっているのがグアルディオラ監督ということもあってか、
そのまま読むと「理想のリーダー像として」捉えてしまうかもしれないけれど、
プロジェクトリーダーである監督が選手(プロジェクトの一員)に求めているものが明確に書かれているので、
リーダーに限らず、なんらかのプロジェクトに参加する人であれば誰にでも参考になると思いました。