クラブニンテンドーとスクウェア・エニックスメンバーズについて少し調べてみた

しばらくDSのゲームから遠ざかっていたのだけど、先月にDQ9を買い、久々にRPGに挑戦しています。
説明書とかあまり読まないので、同封されていたクラブニンテンドースクウェア・エニックスメンバーズのポイントの存在を2週間ほど完全にスルーしていました。

今回はそのポイントの話。

クラブニンテンドーポイントは、任天堂のゲーム(本体orソフト)を買ったときに付いてくるポイント。
スクエニメンバーズポイントは、スクエニのゲームソフトを買ったときに付いてくるポイントです。
(つまり、ドラクエ9には両方入っている)

それぞれの特徴などを以下にまとめます。

クラブニンテンドー

クラブニンテンドーのポイントは、主にオリジナルグッズとの交換用です。100pt〜500ptまでのグッズが用意されており、ポイントと引き替えにもらうことができます。

ソフトを買ったときのポイントは、ソフトの値段で分けられています。
(ここでは、省きましたがハードを買ったときもそれぞれにポイントが設定されています。)

ソフト価格(税込) 取得ポイント
5,250円以上 30P
3,150円〜5,249円 20P
3,149円以下 15P

このポイントに加え、早期購入ボーナスポイントというものがあり、発売されてから一ヶ月以内のソフトにはポイントが追加されます。(2倍になる)

ソフト価格(税込) ボーナスポイント
5,250円以上 30P
3,150円〜5,249円 20P
3,149円以下 15P

また、ポイントには有効期限があり、ポイントを登録してから2年後の9月30日までに使用しないと失効してしまいます。

なんで、9月30日なのかというと、クラブニンテンドーには通常のポイントの他に、年度中のポイントをランクポイントとしてカウントして、一定以上のポイントを持っている人に優待プレゼントをしているのですが、その年度換算期間が、10月1日から翌年の9月30日までだからです。
この1年度間に以下のポイントを貯めるとそのランクに併せたプレゼントを得られます。(毎年プレゼントのグッズは変わる)

ポイント ランク プレゼント
400以上 プラチナ コントローラーなど
200以上400未満 ゴールド 任天堂オリジナルカレンダーなど
200未満 一般 -

このランクポイントは、その年度のみ有効なので一年ごとにリセットされますが、交換用のポイントとしては残ります。

スクウェア・エニックスメンバーズ

スクウェア・エニックスメンバーズのポイントも、ニンテンドーと同様、オリジナルグッズとの交換が主な用途です。
ポイントの入手方法は、ゲームソフトに同封されているポイントシートと、スクエニのe-store(公式ネットショッピングサイト)での予約時のボーナスポイントなどがあります。
PS-storeのゲームアーカイブスでダウンロードしたスクエニのゲームにもポイントが付いていたりします。

また、クラブニンテンドーと違う点としては、e-storeでのソフトウェア購入代金の割引にも使用できるところです。

そして、こちらにもクラブニンテンドー同様、ステージランクという年間ポイントに応じたランク制度(4段階)があり、ステージに応じた特典が用意されています。

ポイント ステージ
2500pt以上 アルティメット
1500pt以上 ゴールド
800pt以上 シルバー
800pt未満 ブロンズ

こちらのランク制度は、4月から3月までの年度制で、年度末にポイント数はリセットされますが、ステージランクは翌年に持ち越されます。
(例:今年度末にシルバーランクだった人は、次年度初めは0ptになるが、シルバーランクからスタート)
ちなみに、交換用ポイントの有効期限は、クラブニンテンドーと同じくポイント登録時から2年後の年度末までとなっています。

どのように利用するのがお得?

ポイントを貯める場合、ハードが任天堂ソニーに関わらず、スクエニゲームは、e-storeで予約購入するのが一番ポイントが速くたまります。
PS3,PSPを使用している人は、アーカイブスでダウンロードしたゲームのポイントを確認した方がいいかもしれません。

クラブニンテンドーのポイントを貯める場合は、年度の切り替えに注意です。
9月にすでに400pt貯まっている人で、9月に新作ソフトなどを買った人は、
ポイントをサイトに登録するのを一端待ち、新年度になってから登録すれば翌年度も高いランクを目指せます。
(早期購入ポイントが無駄にならない内に登録しないと損ですが…)

ニンテンドープリペイドカード3000円

ニンテンドープリペイドカード3000円