USBメモリ=Pen Drive

517300_usb_pen.jpg

研究用のUSBメモリ(2GB)が研究室の各学生に支給されました。
T先生曰く、論文とかデータの保存とかに使ってほしいとのこと。

情報系の研究室では、やはりデータが命。

機械系だとロボットとかが故障することはあっても、
研究成果が形として見える(たとえ故障していても)
しかも、何の前触れもなく消滅することはまずない。

情報系だと、研究の成果も資料もほぼデータ。
HDDがビーン!ってなったら全ておしまい。
A先生曰く“水泡に帰す”です…


研究室では個人用のスペースを確保したネットワークドライブも使っているので、
データのバックアップ先が色々あるというのは安心できます。
ただ、データの同期に個人のセンスが問われそうです(>_<)

ただ、USBメモリは情報漏洩の典型。
就職した友人から、使えないよって話を良く聞きます。
使うとしてもかなり厳重とか。。。
今後のために、プロテクトかける習慣をつけることにします。