先生に驚愕

三月六日(火)
午前中、専門の授業。
先週はどうにか分かる程度の内容の授業だったんだけど、
授業が進むにつれてより難しくなってきた。
こっちの機械の授業はインダストリー重視というか、工業ロボット重視というか...
とにかくロボット関係。
情報工学部に来てからというもの、
ロボットには触らない生活をしてきたので、
すっかり忘れてしまっているし、そもそも知らないことも多い。
T先生は自分の授業と内容が同じということで、
こっちの大学の先生と話が弾んでいた。
流れで来週の授業でT先生も教壇に立つことに!

午後。Internet Programing LAB Session.
こっちに来てから初めてプログラミングをする授業。
Javaを勉強するとシラバスにあったので、
Javaを使ったことがない僕は勉強になりそうだと楽しみにしていた。
が、実際に参加してみると演習課題をひたすらこなす形式。
学生はすでにJavaを習得していて、特に解説があるわけでもない。
しかも教科書がないので、独学もできない!
困っていると、T先生が助けてくれた。
先生もJavaはやったことないと言いつつ、
一緒に来ているみんな(俺以外)のプログラムと、
PCの中にあったプログラムを参考に課題をクリア!
驚愕の一言。


おまけ
寮のTVはたくさんチャンネルがある。(56チャンネル!)
主にインドの放送なのでわからないけど、
NHKの衛星放送も映るし、映画とかアニメとかスポーツとか色々。
実はポケモンも放送されてたりする。
最近は、インドで人気のスポーツ「クリケット」のワールドカップが近いらしくクリケットの放送が多いみたいだ。