パスポート申請編 その2

どうも
「マタアイマショウ(SEAMO)」を聞いたら、悲しい気持ちになるTakuyaです。

連載する!って言っておきながら、間があいてしまいました。
理由は、証明写真を撮るには髪が長くて…
なんというか、
普段は、たそがれ清兵衛
寝起きは、ポンデライオン。
かなり長かったんです。

でも今はかなりサッパリ。
切ってくれたNさん、ありがとうございました秊


さてさて、実際に申請してみて思ったことを書きます。

まず戸籍謄本、というか戸籍そのものについて。
僕のイメージでは戸籍というのは、家族について全部載ってるスゴイものって感じでした。
じいちゃん&ばぁちゃんから、親、自分を含めた兄弟まで。
だけど実際、戸籍に載ってるのは、「親と子」だけ。
たとえ同居してても祖父母は載りません。
つまり、本籍地(住所)は同じだけどじいちゃん&ばぁちゃんの戸籍、
僕の戸籍(親と妹を含む)は違うんです。同じ家族なのに不思議です。

次に申請できる場所と時間について。
パスポートを申請するのは、原則として現住所のあるところのパスポートセンターです。
「原則として」というのは、
学生や単身赴任とかで、現住所は変更していないけど住んでる場所が違う人は、
いくつか書類を揃えれば住んでるところでも申請できるからです。
便利です。
それと時間。申請できるのは平日の昼間16:00まで。
学生はともかくとして、仕事で忙しい人には大変。
Not 便利です。


まだ2回なのに、ちょっと連載めんどくなってきた…w
次回は多分「パスポート編その3」です。