陰日向に咲く

「陰日向に咲く」(劇団ひとり著)を読みました。
 この本は、以前ちょっと読みたいな〜って思っていたのだけど、
買う機会(本屋が遠い…)もなくて、最近はほぼ忘れかけていました。

 でも、研究に使う本を探しに大学図書館へ行くと偶然にも新着図書のコーナーで発見。

 内容はというと、5つの短編で構成されていて、読みやすいな〜という印象。(最近「1」「0」のデジタル信号と戦ってばかりの僕でも読めたくらい…)

 ここに中身をあんまり書くと面白さが減ってしまうので詳しくは書かないけど、それぞれの話にもちょっと工夫(ほんのちょっと)があって、それがまた読みやすさ(読み進め易さというべきか…)になっている様に思います。
 売れてる理由もこの辺にあるかも。単純に面白いっていうのもあるけどね。