時計を見ながら思うこと

ここ一週間くらい、なかなか寝付けなくて困ってます。
おのれ…咳め。夜になると攻撃してきやがる…(`O´メ)/ウキャー

咳で夜眠れない → 朝、寝坊する → ご飯を食べ損なう → 風邪が治らない → 咳が続く

見事な永久機関…。人間なんかよりウィルスの方が賢いよ。

でも、なんとかリズムを取り戻して治さんと、院試に差し支える!
ぼやっとしていたら、あと一週間なんよね。。。がんばらねば!



話は変わって、
今日、そんな感じで、ぼやっとしつつ行ったのが近くの「宝飾品店」。
郵便局へ行った帰り道にたまたま見つけたんだけど、店先に時計の電池交換承りますの文字が。
ちょうど腕時計が止まっていたので、とりあえず行ってみました。

そのお店、閑散とした通りの中にひっそりとあるうえに、広くないんだけど、
中は、すごく親しみやすいモダンな造りでした。
ちょっとしたソファがあったり、ミニチュアカーのディスプレイがあったり。
そういえば、ご主人も、職人系の人なんだけどラフな格好じゃなくて、フォーマルだったな〜
そのおかげなのか、ジュエリーになじみのない僕なんかでも、お店にいることができました。


自分の腕だけで、商売をやっていける人ってすごくかっこいいと思う。
だけど、それだけじゃなくて、お店の雰囲気とか工夫して
お客さんにどれだけ満足してもらえるかを考えている人はもっとかっこいい。

今日のお店は、そういうお店だった。
そしてこれはたぶん、僕たちにもいえることなんじゃないかな。

何か作るときも、
自分が「これは、良いものなんだよ!」って言う前に、
相手に「いいですね♪」って言ってもらえる、
そういうものを作った方がいいんだ。たぶん。