三谷幸喜

少し前から三谷幸喜のエッセイを読んでいます。
人のエッセイを読むのは結構好きで飽きずに読むことができます。
特に、三谷幸喜のありふれた生活は、週一回の新聞連載を楽しみにしていたほど。
残念ながら、今は連載のある新聞とは違う物を家ではとっているので(変えようかな…)
単行本になってから読んでいますが、そのおもしろさは変わりません。


この正月には、彼が原作のTV番組、新撰組!スペシャルとか古畑任三郎とかよく放送されます。
その舞台裏なんかがエッセイに書かれているのですが、
出演者との関係や作品の制作過程なんかが、また作品を見る楽しさを増します。


三谷幸喜ちょっと面白いかも、と感じたことのある人は
ありふれた生活シリーズを読んでみてください。