読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mac Pro (Early 2009)のHDDをSSDに換装

Mac Pro (Early 2009)のHDDをSSDに換装してみました。

購入当初から内蔵されていたHDDを使っているため、SSDを使っている最近のMacに比べて読み込みも遅く、起動にも時間がかかっていました。

また、OSをアップデートしながら使ってきたため、不要なアプリケーション等を一掃する意味でも、新しいストレージを用意してOSからクリーンインストールすることにしました。

用意した物

今回のSSD換装には、こちらの2つを用意しました。

  • Other World Computing OWC Mount Pro 2.5インチ ドライブマウント 2009年-現行型 Apple Mac Pro
  • CFD販売 SSD 480GB 2.5inch TOSHIBA製 内蔵型 2.5→3.5inch変換マウンタ付 SATA6Gbps CSSD-S6T480NMG1Q

OWC Mount Pro 2.5インチ ドライブマウントは、旧型のMac ProのストレージラックにSSDを搭載できるようにするためのマウンタです。
Mac Proに標準搭載されているマウンタは、3.5インチのHDDを想定した作りになっているため、そのままでは2.5インチのSSDをネジ止めできません。
SSD搭載場所も青色でわかりやすくなるため、これにしました。

肝心のSSDは、CFDの480GBのものにしました。
TLCSSDは初めて購入しました。MLCSSDに比べてRead/Write性能がどれくらい差があるのか気になりましたが、思い切って選択しました。

OSの再インストール

マウンタとSSDを設置したあと、OSをインストールする作業で手間取りました。
Wi-Fi接続ができるMacであれば、SSDをフォーマット後にネット経由でOSイメージを取得しながらインストールできるようですが、MacProの有線LANではうまくいきませんでした。
HDDのOSから再度起動して、App StoreからEl CapitanのイメージをダウンロードしてSSDに対してインストールしました。

  1. 電源を落とした状態から起動し、cmd+Rを押しっぱなしにしてユーティリティを起動
  2. SSDをフォーマット
  3. HDDから再起動
  4. App Storeの"購入済み"からOS X El Capitan.appをダウンロード
  5. OS X El Capitan.appを使って、空のSSDに対して新規インストール
  6. System Preferencesから起動ディスクをSSDに変更
  7. 再起動

換装前後のパフォーマンス比較

起動にかかる時間と、Disk性能を測定しました。
電源を落とした状態からOS起動完了までにかかった時間は、HDDでは2min8sec。SSDでは、50secでした。約2倍速くなりました。

ディスク性能は、Blackmagic Disk Speed Testを使って測定しました。だいたい3倍程度高速になったようです。

HDDの測定結果がこちら。

f:id:Takuya1984:20170108172224p:plain

SSDの測定結果がこちら。
TLCの特徴が出たためだと思いますが、何度か負荷をかける測定を繰り返していくとパフォーマンスが低下していきました。実用的には問題なさそうです。

f:id:Takuya1984:20170108172232p:plain 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

QuietComfort15のイヤーパッドを交換

https://instagram.com/p/4aamxuDzkh/

イヤーパッドを交換してヘッドホン復活!

 

数年使っているQC15のイヤーパッドがボロボロになり、ついに中のスポンジが見えてしまう状態になってしまいました。
純正の交換イヤーパッドは少々お高く、発送まで1〜3週間ということだったので、互換性のあるものを買ってみました。
使ってみると、純正のイヤーパッドより若干小さめで、きになる人はいるかもしれないなぁという感じでしたが、感触も問題なし。お得に修理できました。

 

 

 

BOSE QuietComfort15 専用イヤークッション

BOSE QuietComfort15 専用イヤークッション

 

 

iPad miniで通勤中に電子書籍を。

前回のEntryで、通勤中に電子書籍版のPC雑誌を読んでいる話を書いたのですが、今回は、 何を使って読むかという話です。

これまではiPhone 5を使って読んでいたのですが、雑誌の誌面を読むには画面が小さく、文字が見えづらいこともありました。

小説なら文字の大きさや文字数などを調整できますが、写真などが固定されている雑誌の誌面ではそうもいかず…

ということで、iPhoneよりも画面が広いiPad mini電子書籍用に使うことにしました。

雑誌の文字の小ささに悩まされることもなく表示できますし、鞄に忍ばせても十分な軽さです。

 

 

通勤中に電子書籍でPC雑誌。

通勤中に電子書籍版の週間アスキーを読み始めました。

小説やビジネス書の電子書籍を読むこともあるけれど、読みたい本が電子書籍になっていないことも度々あったり。

雑誌は、定期的に刊行される上に、一週間分の情報をまとめた上で校正にかけられているので、量と質がほどよく調節されていて読みやすいので重宝しています。

 

PS3にTV録画用USB3.0HDDを増設

PS4が発売されて半年経ちますが、我が家では未だにTV録画用としてPS3が活躍中。 

最近、録画容量を増やすために追加のHDDを購入しました。

PS3本体はUSB2.0にしか対応していないものの、将来的に他の用途へ使うことを考えてUSB3.0の外付けHDDを選択。

 

また、HDDの追加でUSBポートが足りなくなるので、必要最低限のUSB2.0ハブを組み合わせました。もう少しケーブルが長い方が使いやすかったかなと思うものの、録画再生には問題なしです。

iBUFFALO USB2.0Hub バスパワー 4ポート ブラック 【PlayStation4,PS4,PS3 動作確認済】BSH4U06BK

iBUFFALO USB2.0Hub バスパワー 4ポート ブラック 【PlayStation4,PS4,PS3 動作確認済】BSH4U06BK

 

 

MacPro 2009にUSB3.0ポートを増設

円筒形のMacProが発売されて久しいですが、アルミメッシュのMacProもまだまだ現役。

ただ、基本的なパフォーマンスに不満はないものの、スマホタブレットが増えるに従ってとUSBポートが足りなくなってきたので、USB3.0の拡張ボードを追加しました。

フロントパネル側のUSBポートを使っていたデバイスも綺麗にリアパネルに収まって快適です。

MacのBluetoothモジュールが認識しなくなったのでSMCリセットした話

突然、MacPro(Early 2009)のBluetoothモジュールが認識できなくなりました。
Apple Wireless Keyboardを認識できず、メニューバーのBluetoothアイコンも使用不可を示している状態に。

http://support.apple.com/kb/HT3887?viewlocale=ja_JP#menubaricons

 

少し調べたところ、SMC(System Management Controller)をリセットする対処方法を見つけました。

http://support.apple.com/kb/HT1806?viewlocale=ja_JP

リセット方法は2通り。

  1. すべてのケーブルを抜いて15秒待つ方法
  2. MacPro本体のサイドパネルを開けて、SMCリセットスイッチを押す方法

ケーブルを全部外すのはちょっと面倒なので、今回は2つ目の方法でトライしたのですが、「診断 LED が並んでいる位置の少し右下にある SMC_RST スイッチを押します。」という説明しかないので、スイッチがどこにあるやら(そもそも診断LEDってどこ…)

 

サイドパネルを開けて探してみたところ、スイッチは本体前面側の中央あたりにありました(写真)

f:id:Takuya1984:20130217155130j:plain

スイッチを押してからMacを起動すると無事にBluetoothモジュールが復活。
Bluetoothの調子がいまひとつ…という方にはオススメです。